熊野少年自然の家 利用のご案内


熊野少年自然の家とは?

indx 熊野少年自然の家は、三重県の南、熊野市の南西部に位置し、熊野灘を一望できる丘陵地を利用した優れた自然環境の中にあり、集団生活及び体験活動を通じて、心身ともに健全な青少年の育成を図ることを目的とした社会教育施設です。
雄大な自然の中、仲間と共に自然体験活動・学習活動、レクリエーション活動などを通じて、集団生活の大切さ・楽しさを学ぶための最適な施設・学習プログラムやコースなどが整備されています。

 そのため、宿泊だけを目的としたもの、商品の販売など営利を目的としたもの、宗教団体が布教活動を目的としたものなどは本施設を利用することはできません。下記の必要事項をよく読んで、ぜひご利用下さい。

施設利用のきまり

    ◎コロナウイルス対策として、朝・夕の検温は必ず実施して下さい。

    (セルフサービス)
    ●ベッドメーキング

    シーツは3種類(マクラ用・上ブトン用・下ブトン用各1枚)で合計3枚)を1階シーツ置き場に人数分を用意しています。(上ブトン用シーツは、体に触れるほうに取り付けて下さい)。

    シーツは衛生的な観点から必ず取り付けるとともに、取り付け、取り外しは各自で行って下さい。 使い終わったシーツは最終日の午前8時までに、シーツ置き場のコンテナの袋の中に入れて下さい。

    ●食堂の利用

    配膳と食後の後片付けは各自でお願いします。

    ●館内の掃除

    宿泊した部屋と割り振られた共用の場 所(食堂前の掲示板で確認)の掃除は朝食前に行って下さい。(チェックアウトまでには必ず!)

    掃除で出たゴミは、事務所前のゴミ箱に捨ててください。
    (連続して宿泊する場合は、共用の場所は毎日掃除を行い、ご利用した部屋の掃除は最終日でも構いません)  掃除が終わったら、点検項目に従いながら,各場所を保護者又は引率者がチェックして回って下さい。全てチェックが終わったら、事務室にお越しください。(自然の家スタッフが再度チェックし、OKが出たら終了です。

    ※場合によっては、やり直していただくことがあります。

    (入浴について)

    一度に入る人数を制限します。(一度に最大7人の利用とします)

    ( ごみ処理)

    基本的には持ち帰り下さい。 連泊3泊以上の場合の宿泊室内のゴミは自然の家で処理可能ですが、その場合は必ず燃えるゴミ・ビン・缶・ペットボトル(必ずフタは外す)に分け、透明または白色のゴミ部袋に入れて、所定の場所に捨てて下さい。

    (消灯)

    当施設の消灯は午後10時です。 入浴や洗濯等はそれまでに全て済ましてください。

    (利用者アンケート) 宿泊者は利用者アンケートにご協力ください。利用者が多い場合は、各部屋の代表者がご記入ください。

    ※退所後2週間以内に利用者の新型コロナウィルスへの感染が発覚した場合は、速やかに当施設(0597-89-3340)へ連絡してください。

利用できる方

  • 学校・社会教育関係団体から2名以上の小グループ、家族まで幅広く利用できます。
  • 自然の家のプログラムに沿った宿泊研修以外にも、「新入生のオリエンテーション」「スポーツ合宿や文化部などの合宿」「グループ・団体などの研修や親睦」「家族のふれあい」などに利用して頂くことができます。
  • 商品の販売など営利を目的としたもの、宗教団体が布教活動を目的としたもの、ビジネス等のためホテル代わりに利用するものなどは利用できません。
  • また、窓口や電話にて「今晩泊めて」といった利用は残念ながらできません。
  • 高校までのスポーツ合宿等の指導者は指導者のうち3名までを児童・生徒等の利用料金と同額にします。
  • 災害時の避難場所としての利用など、公益上必要と認められる目的に利用する場合、料金は頂きません。

申し込み方法

 予約は3ヶ月前から受け付けております。
(学校や青少年団体等の受付は利用日の1年前から随時行っております。)

申し込み方法

yoyaku

利用料金は                  

  児童・生徒 その他  
利用料 270円 770円 宿泊料金になります
リネン料 230円
(2泊以上される方は、2日目からは60円)
シーツ代になります
弁当・食事代 こちらのページをご確認下さい  
水筒用お茶 20円  

体育館

研修室

こちらのページをご確認下さい  

※ スポーツ合宿などでご利用の場合、指導者は3名までが児童・生徒料金となります。
※表示金額は税込み金額です。

利用できない日

 毎月第1月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日)と、12月29日〜1月3日は休業日となっております。宿泊はできませんので、ご注意下さい。
ただし、連続して利用される場合や、長期休業中は、この限りではありませんので、お問い合わせください。

どのような施設があるの

 宿泊棟の宿泊定員は200人です。その他、宿泊室以外に芝生広場でテント泊が可能など、宿泊研修に利用できる施設がたくさんあります。その他の施設については施設のご案内をご覧ください。


どのような活動を行うの

 熊野少年自然の家は、自然環境の中での集団生活及び体験活動を通じて、心身ともに健全な青少年の育成を図ることを目的とした社会教育施設です。これらの運営方針を十分に理解していただき、利用しようとする団体が自主的に宿泊研修計画を組んで活動していただきます。
 なお、依頼があれば当施設のスタッフが活動に協力します
 また、熊野少年自然の家が行う主催事業については主催事業のご案内をご覧ください。


宿泊研修計画書を作成される際の注意点について

  • 目的を達成するための野外活動を設定してください。
  • 雨天・荒天時等に行うことができる代替プログラムを用意してください。
  • 打ち合わせや下見に来られる時は必ず電話で予約してください。

どのような物が利用できるの

活動に利用できる備品をいろいろ用意しております。

・視聴覚関係

 プロジェクター DVDプレーヤー OHP ラジカセ CDプレイヤー
 ワイヤレスマイク ハンドスピーカー スクリーン ビデオ(VHS) など


・体育関係

 卓球 バドミントン ソフトミニバレー ペタンク ニチレクボール

 インディアカ グラウンドゴルフ ターゲットバードゴルフ  ユニカール

 キンボール フライングディスクゴルフ               など

 

・野外活動関係

 テント 寝袋

 野外炊事道具一式

  飯ごう  まな板 食器一式 包丁 卓上コンロ 炭焼きコンロ

  ガスコンロ付き大型焼きそば鉄板 コッフェル           など

 

・天文関係

 天体望遠鏡(口径45センチ カセグレン式反射望遠鏡)

 反射式天体望遠鏡(口径13センチ)

 天体用双眼鏡(口径15センチ25倍)

 双眼鏡(口径5センチ7倍)

 

・自然観察関係

 フィールドスコープ 実体顕微鏡(ネイチャースコープ) 虫めがね

 太陽観察シート                          など

 

・その他

 工作板 切り出し小刀(左利き用もあります) トランシーバー


お願い

ゴミの処理について

利用の際に発生したゴミは持ち帰っていただくことになっておりますので、ご了解ください。長期合宿など持ち帰りが困難な場合はご相談ください。

館内禁煙のお願い

健康増進法の制定に基づき、施設内では喫煙所以外での喫煙は一切できなくなりましたので、ご了承ください。

施設利用の際のお願い

当施設は三重県から指定され青少年の健全育成を目的とした『宿泊研修施設』です。掃除をしていただいたり、リネンの取り替えはご自身でしていただくなど、ホテルや旅館などに想定される様なサービスはございませんので、あらかじめご了承ください。

体育室利用の際のお願い

 夜間利用の場合は、準備の都合上17時30分までにご連絡頂きます様お願いします。