トップページ主催事業 >主催事業の開催報告 >第1回 野外料理教室

開催報告 熊野「フードカルチャー!」シリーズ

第1回 野外料理教室

5月15日(日)開催しました!

 

 三重県立熊野少年自然の家(本山拓哉所長)では、令和4年5月15(日)に、「第1回野外料理教室」を実施いたしました。受付時の検温、手指消毒の他、開校式では本山所長から三密回避やマスクの着用などコロナウイルス感染症予防対策の重要性を含めた挨拶の後、講師の田中順子さんの説明を聞き、ピザの生地作りに取り掛かりました。材料をボールに入れ、ぬるま湯を足し、こねる作業を行います。
  手に小麦粉がまとわりつきながらも参加者は懸命に取り組みました。発酵させる間に、ピザソースやスープの具材を切ったり、炒めたり、煮たりしました。参加者は楽しそうに調理に取り組み、出来上がると、ベーコンやブロッコリ、チーズ、ジャガイモをトッピングし、それを炭火のコンロの中に入れると数分で焼きあがりました。
 次に、オレンジジュース作りに取り組み、オレンジを絞り器に一生懸命に押し付けながら、果汁を絞り出して、ジュースを作り上げていました。 調理がすべて終了すると、出来上がった料理を美味しそうにいただいていました。
 参加者からは「子どもたちと楽しく体験できました、家ではなかなかできなかったことが楽しくできました」「ピザソースがめちゃくちゃおいしかったし、作るのも楽しかったです。教え方もとても丁寧でした」「グループでやって仲良くやれた、とても美味しかった。先生たちの丁寧な解説がよい」の声がありました。