トップページ主催事業 >主催事業の開催報告 >サイエンス講座

開催報告 熊野「アカデミック!」シリーズ

第1回 サイエンス講座(身の回りの科学講座)

7月11日(土)開催しました!

 

 三重県立熊野少年自然の家(本山拓哉所長)では、令和2年7月11日(土)10時から12時までの間、同家研修室において「令和2年度第1回身の回りの科学講座(サイエンス講座)」を開催。新型コロナウイルス感染防止のため、受付時の検温やマスク着用、ソーシャルディスタンスの確保に留意して実施された。
 熊野市をはじめ、尾鷲市、御浜町、紀宝町、紀北町及び新宮市からサイエンスメンバー25名(小学3年生〜6年生)の参加をもって行われた。所長及び担当者挨拶に引き続き講師の説明では「令和2年度最初の授業は、バランスを科学し ようをテーマに物を使って工作をし、実験もします。ハサミやカッターナイフでゆっくりと紙などをカットして、トンボやチョウを作って下さい。その物で、バランスについて色々と考えて、学びます(要旨)」との話があり早速、子供達は作業に取り組んだ。
 メンバーの中には知識の高い小学生もいて、講師を驚かせていた。普段の学校授業とはひと味違い、子供達にとって大変実のあるものとなった。有意義な時間を過ごし、無事に事業は終了した。